ryuubufanのジオログ

小沢革命を成就させましょう
「七転八起のブログの力!」
「阿修羅の異変閉鎖に備える掲示板」
もよろしく
下部にリンクがあります

← 2014年4月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
My Yahoo!に追加 RSS

2014年4月24日(木)

【夕のメッセージ】思想なき国家のブラックマスコミ

 ブラックマスコミについて考え続けると、国家に必要なものの中で思想という抽象的なものが如何に重要かという事が分かる。思想なき国家ではマスコミはブラックマスコミになる。思想なき国家の政治は売国政治に、思想なき国家の経済は売国経済になる。思想なき国家の民主主義は偽装民主主義になる。思想なき国家の選挙は不正選挙になる。

 思想なき国家は利己が支配する。国家権力は私物化される。そして遂には私物国家は私物化された世界権力に組み込まれる。これがTPPの先のNWOだ。

 政治屋には思想は無い。政治屋には言論は無い。菅、野田に思想があったか。全く無縁であった。安倍に思想があるか。思想を保つ思考能力自体が無い。菅、野田、安倍と思想なき総理大臣が続いた。即ち言論なき総理大臣が続いた。この3人は何れもブラックマスコミが支えた。

 小沢一郎には思想がある。そこから言論も生まれる。小沢一郎は政治家である。ブラックマスコミが攻撃したのが小沢一郎であった。ブラックマスコミは思想を排除する。言論を排除する。政治を排除する。残るのは利己のみ。権力者と1%のみが繁栄し、国民は窮乏を強いられる。国家は破滅に向かう。

 利己は自然が生物に与えたものと考える事ができる。生物は利己を目的として存在する。しかし、全ての利己は自然の枠内に収まる。利己に無限は無い。生物は食物連鎖の中に組み込まれている。

 個の利己と全体は調和する。個は全体に組み込まれている。個は有限で利己は制限される。思想とは人間の個の中に生じる調和的行為である。人間自らの有限性を悟り、全体との調和を求める認識行為である。

 利己の無限を求めたのが偽ユダヤであった。偽ユダヤはアメリカを作って、利己の無限を実現しようとした。人類全体から利益を吸い上げる為に軍事力を無限化した。偽ユダヤもアメリカも破綻が宿命づけられている。

 日本のマスコミは偽ユダヤによってブラックマスコミにされた。ブラックマスコミが日本の政治を支配した。日本の政治は崩壊した。安倍政権は売国を極める。ブラックマスコミがその現実を隠す。ブラックマスコミが安倍政権を作り、安倍政権を守る。

 日本はブラックマスコミを排除しなければならない。その為にブラックマスコミの本質を知らなくてはならない。思想なき言論機関は洗脳機関になる。思想という地味で見えないものに、国家にとっても個人にとっても決定的に重要なものがあった事を知る必要が出て来た。

 プーチンには思想があり言論がある。ロシアのマスコミは蘇った。

作成者 ryuubufan : 2014年4月24日(木) 14:01

2014年4月23日(水)

【朝のメッセージ】ブラックマスコミの弱点は言論がない

 マスコミには言論があるが、ブラックマスコミには言論が無い。これは重大な区別である。マスコミとは言論機関である。ブラックマスコミは洗脳機関である。洗脳機関に言論などある訳がない。言論とは広大な蓄積の上に自らの論を日々積み重ねて行くものである。辞書には次のようにある。

言葉によって意見や思想を公表すること。

 思想という言葉が入っているが、その前の意見も同じ方向にある。思想と言論は一体である。思想を辞書で見ると、次のようにある。

人がもつ,生きる世界や生き方についての,まとまりのある見解。多く,社会的・政治的な性格をもつものをいう。

 生きる世界や生き方とある。自らの認識と意識の根幹が問われるのが思想であり言論である。マスコミは国民の為にあるから、それが根本思想となって言論が生じる事になる。しかし、ブラックマスコミは権力の手先どころか権力を手先とする反国民の存在である。マスコミの衣を纏った真逆の存在である。思想など全く存在しない。あるのはマスコミの衣を纏って如何に国民を騙すかである。

 思想の真逆は何だろう。考えた事もない。適切な言葉が出ないが、要するに醜い利己があるのみである。思想から洗脳など出る訳もない。洗脳は醜い利己から生じる。

 言論機関であるべきマスコミが洗脳機関になる事は、思想が消えて醜い利己が置き換わり、言論は消滅し巧妙な洗脳工作に覆い尽くされる事になる。

 国民の為のマスコミがブラックマスコミになる事は凄まじい変化である。思想言論の恩恵を受けるべき国民が、洗脳工作の餌食となる。主権者が情報奴隷になる。

 言論なきブラックマスコミ。思想なきブラックマスコミ。ネット言論は思想を持つ。ネトウヨなどは勿論ネット言論ではない。ネット界とはネット言論界である。ネトウヨは含まない。

 ネット界は思想言論の力を高める事で、ブラックマスコミとの違いを際立たせる事ができる。ブラックマスコミの致命的弱点は思想言論の不存在である。ネット言論が力を蓄えて行けば、この弱点を突ける時が来る。今回の論点は重要である。

作成者 ryuubufan : 2014年4月23日(水) 12:38

2014年4月22日(火)

【夕のメッセージ】偽ユダヤ ブラックマスコミ 蟻地獄

 蟻地獄と言うのを知っているだろうか。辞書にはこうある。

ウスバカゲロウ類の幼虫。体長約1センチ。鎌(かま)状の大あごをもち、乾燥した土をすり鉢状に掘って巣を作り、底にひそんで落ちたアリなどを捕らえる。

 蟻地獄というのはある昆虫の幼虫時の名前だったのだ。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/41/Ameisenloewe.jpg/200px-Ameisenloewe.jpg をご覧あれ。成虫の方はこれ。http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/ac/Distoleon_tetragrammicus01.jpg/300px-Distoleon_tetragrammicus01.jpg

 蟻地獄という言葉は一般的だし"絵"もすぐ頭に浮かぶが、すり鉢の奥にこんな幼虫がいたとは知らなかった。不思議なものである。生きる知恵というのは凄い。自然の力は凄い。何でこんな知恵、手口を考え付いたのか。不思議以外の何物でもない。すり鉢の地獄に落ち込むのは蟻だけじゃないが、蟻地獄と呼ばれる。もがいてももがいてもどうにもならない。人間はそういう姿を見て地獄と感じたのだ。

 私はブラックマスコミがこの蟻地獄に重なって見える。民主主義を蟻地獄の中に落とし込み養分を吸い取ってしまう。地獄に落ち込んだ側にはとんでもない事だが、その手口の狡猾さは大したものである。自然界に蟻地獄がいれば、人間界にも蟻地獄がいて当然であろう。

 民主主義は権力側にとっては脅威である。国民主権を謳った民主主義は、権力を握った側には常に恐れを抱かざるを得ない。権力が巨大利権と結び付けば、何とかして民主主義を骨抜きにしたい筈である。民主主義によって権力を奪われないようにする事が可能なら、きっとそれをやるだろう。手段さえあれば行使に迷いなどある筈が無い。

 マスコミというものは本来は民主主義の為にある筈である。国民を主権者たらしめる為に必要な情報が国民に伝えられるようにマスコミがある筈である。と言う事は、権力側にとってはマスコミは怖い存在である。それならば、権力側はこのマスコミを取り込めばいい。マスコミもカネが要る。その辺から取り込みも可能だ。マスコミさえ取り込んでしまえば、国民は主権者ではいられなくなる。主権者は権力者となる。マスコミを取り込まれた国民は無力な存在に成り下がる。

 利権と癒着した権力者はマスコミをブラックマスコミにする事で、いつまでも権力を維持できる。巨大利権でウハウハである。止められない権力者稼業という訳である。ブラックマスコミも巨大利権の分け前に与る。今やブラックマスコミこそ権力者だ。ブラックマスコミが政権を作って行く。

 世界には巨大なブラックマスコミがある。偽ユダヤの巨大メディアである。偽ユダヤは正に人類世界の蟻地獄。ブラックマスコミは偽ユダヤが元祖である。偽ユダヤCIAのポダム正力が日テレを作った事は、あまりにも分かり易い。戦後の偽ユダヤの日本支配は、マスコミをブラックマスコミにする所から始まったと言っても過言ではない。日本のブラックマスコミの蟻地獄ぶりは間違いなく世界一だ。

 小沢事件、衆参不正選挙、都知事選、小保方STAP事件と、日本の国益は悉くブラックマスコミの蟻地獄によって生き血を抜かれて行く。日本が国益を取り戻す為には、ブラックマスコミを退治する所から始めなければならない。

作成者 ryuubufan : 2014年4月22日(火) 15:52

2014年4月21日(月)

【朝のメッセージ】ブラックマスコミは日本最大の犯罪者

 小沢一郎も小保方晴子もブラックマスコミの蟻地獄に嵌められた。マスコミを使った巧妙な人権侵害は、そのあいまいさとあまりの巨大規模で国民一般の認識にならない。しかし、被害者の受ける侵害は決定的である。個対巨大な全体という図式の中で、被害者の個は絶望的な状況に追い込まれる。ブラックマスコミは自らの体制に危険と感じた相手に対して、目に見えない蟻地獄を仕掛ける。その個が受ける被害は国民全体の被害になる。

 こういう構図が見えてきた時、蟻地獄を仕掛けたブラックマスコミの犯罪性の巨大さが浮かび上がる。日本最大の犯罪者はブラックマスコミである。ヤクザは巨大な犯罪集団であるが、日本の民主主義を破壊する訳じゃない。邪教集団の政党も民主主義や法秩序に脅威を与えるが、それもブラックマスコミが存在しているからである。邪教集団はブラックマスコミに深く浸透している。

 平時における最大の武器がマスコミである。マスコミを武器にするブラックマスコミが日本最大の犯罪者である。犯罪者も巨大化すると社会は犯罪者の認識ができなくなってしまう。ブラックマスコミ問題を考える時の最大の関門である。高度情報化社会では犯罪者の形も変わる。高度情報化社会の民主主義はブラックマスコミによって破壊される。選挙は単なる儀式になる。実に恐ろしい話である。

 小保方STAP事件も有耶無耶になる。TPPも集団的自衛権もブラックマスコミは巧妙に誘導している。ブラックマスコミという巨大犯罪集団が可視化されない事は、国家国民の大不幸である。民主主義はブラックマスコミの蟻地獄で死んでしまう。国民は情報奴隷である。

 何はさておきやるべきは、最大の犯罪者の可視化である。最大の犯罪者がステルスに存在していれば、他の小物犯罪者を論っても効果なしである。安倍政権はブラックマスコミの産物である。安倍にギャーギャー言ったところで大した効果なし。ブラックマスコミは嘘の世論調査で煙に巻く。菅、野田政権も犯罪政権だったが、バトンリレーで安倍にバトンが渡った。犯罪政権などブラックマスコミに比べりゃ小さい。ステルス化した真の巨大犯罪者ブラックマスコミを国民の前に引きずり出さなければ、国民に未来は無い。

作成者 ryuubufan : 2014年4月21日(月) 12:10

2014年4月20日(日)

【夜のメッセージ】ブラックマスコミは不幸の蟻地獄

 もうSTAP騒動は事実上終わった。後あるとすれば、理研が小保方晴子を不正と断定し懲戒処分する時だろう。しかし、そういうのも些細な問題に過ぎず、偽ユダヤによるSTAP特許の横取りという目的達成の目論見を隠して、精々2日ほど茶番を演じるだけで終わる。

 ブラックマスコミはSTAP騒動の本質を国民に気づかせないように、表舞台での演目演出を決める。哀れな国民である。何も本質を知らされない。情報奴隷である。ブラックマスコミの親玉は国民を情報奴隷にして、どんな事でもできる。今日本国民が置かれたこの状況に目を向けずして、我々が取る如何なるアプローチも意味を成さない。都知事選でブラックマスコミ問題に目が向く事になったが、小保方STAP事件でもやはり同じであった。国家国民にとって決定的に重要な問題では、全てブラックマスコミが国民を情報奴隷にして国民を不幸に導く。

 第二次世界大戦時から同じ形である。高度情報化社会と言われながら、国民は肝心要の情報を得られず、偽情報或いはスピン情報を掴まされている。ブラックマスコミは正に情報奴隷商人である。

 嘗ての軍部政権時代は露骨な情報統制が行われたが、今はブラック商人が国民を操る。やっている事の本質は全く同じである。露骨から狡猾へ様態が変わったに過ぎない。国民は戦前戦中戦後ずっと同じ状況に置かれている。ネット時代の今こんな事でいいのだろうか。

 日本国民は情報奴隷に留め置かれている。国民主権が破壊されているという事である。こういう状態を放置する事は国民の不幸の放置以外の何物でもない。我々は政治家政治屋、政党、官僚、検察、最高裁などに個別に批判の矛先を向けるが、本当に向けるべきは汚染空気のようなブラックマスコミである。空気は掴み所がなくその汚染はあいまいであり、ブラックマスコミという一塊の認識は成立し難い。

 しかし、そこを成立させなければ国民の不幸は延々と続く事になる。我々は情報奴隷商人の巧妙な商法によって、不幸の蟻地獄にのた打ち回っている。何をやってもどう動いても足元が滑って這い上がれない。我々は蟻地獄にいる事を知らなくてはならない。ブラックマスコミが仕掛けた蟻地獄である。他の原因は根本原因ではない。ブラックマスコミこそが日本の不幸の根本原因である。

 不幸の蟻地獄ブラックマスコミに目を向けよ!! 国民。

作成者 ryuubufan : 2014年4月20日(日) 21:11
前の記事  |  次の 5 記事